「それは違う」と思うなら、受け取らないという選択肢もある。

キューイスト(ライフデザイン講座認定講師)の畠中さおりです。

はじめましての方はこちらから。

私がまだキューイスト(講師)ではなかったころの話。

ある方に言われた言葉が引っかかっていて、それが原因でエネルギーを出しきれない時期がありました。

「さおりさんって、文章書くの好きじゃないでしょ?」

あー、確かにそうかも…って思ってしまったのです。当時の私は。

相手は圧倒的に結果を出している方だったから、「そんなすごい方が言うんだからそうだよなあ…」って。

(普段お仕事で関わっている方ではありません)

もう一年以上前の話だけれど、最近の出来事をきっかけに思い出しました。

受け取らないという選択肢もある

「さおりさんって、文章書くの好きじゃないでしょ?」

そうやって言われた直後から、私の中で変化があって…

インスタの投稿が嫌になり、

ブログが書けなくなり、

書こうとしても「面倒だな」って思うようになった。

そう、発信がしんどくなっていったのです。

当時の記事は残っていません。残念ながら、全部消しちゃった。

元々、文章を書くのは好きだったのです。

楽しかったし、喜んでくれる人だっていたし、書き続けることだって楽々できていたのに。

完全に引っ張られていたなあ…と、今となっては思います。

相手のことを「すごい方」だと思っていたから、余計に。

これ、あるあるなのです。

人に言われてずっと信じていること、ありませんか?

それって自分の望むことですか?

望むことじゃないなら、受け取らなくてもいいんです。そんな選択肢だってある。

今まではそれを知らなかったから、なんでも受け取ってしまっていただけ。

自分にとって、何を受け取ったら嬉しいのか。何を受け取らないのが幸せなのか。

それを知っていると、今よりもっと楽に過ごせるようになります。

▼秘密を知りたい方はこちら。

こちらでも発信しています

  • ブックマーク

この記事を書いた人