私は私でいるだけで価値がある

キューイスト(ライフデザイン講座認定講師)の畠中さおりです。

はじめましての方はこちらから。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: wp-1696831535050-1024x577.jpg

2023年の振り返りをざっと記事にしましたが…

こちらから読めます)

昨年の私はもがいていました。迷走していた、という感じもあります。

一年の間に書いてきたノートを振り返ると、

「〜しないと意味がない」

「〜したのに何も成果がない」

とか、それと似たような言葉が定期的に出てきていました(今はもうない)。

自分が自分であることを否定していた日も(これも今はない)。

私は私でいるだけで価値がある

「〜しないと意味がない」

「〜したのに何も成果がない」

「自分の価値」と「行動」「結果」を結びつけると、こんな言葉ばかり出てくるようになります。

あるある。

でも、やっぱりそうだよなあ…と。

「あの人は〜しているから自分もそうしないと」とか、「○○ならば〜するべき」などという思い込み。

そこからくる「それができない私はダメなんだ」という感情に、振り回されて苦しんでしまうのだけれど…

本当は、私は存在するだけで価値があるのであって、行動・結果は私の価値そのものとは関係ない。

存在するのに条件とかいらない。

これを思い出せたら変わる。

自分の身に起こったさまざまな事件を通して、改めて肚落ちした感があります。

ノートのおかげで思いこみがバンバン外れた結果…

もう大丈夫だと思えただけでなく、年末には「私はもっとすごいことになる」なんて書いている^^

学び続けても、講師になっても、迷うことはあるし悩むこともあります。

(以前とは違うタイプ・違うレベルのお試しがやってくる)

ここまで自分の変化・成長に気づけているのは、間違いなくじぶんノートを書き続けているおかげ。

書けば書くほど、自分に戻れる。

私にとってノートは欠かせない存在となっています。

こちらでも発信しています

  • ブックマーク

この記事を書いた人