ライフデザイン講座を受けてから捨てたもの

キューイスト(ライフデザイン講座認定講師)の畠中さおりです。

はじめましての方はこちらから。

キューイストとして活動し始めてからも、各方面でのアップデートを続けています。

5月からは、昨年卒業した特別なクラスを再受講していました。もうすぐ2回目の卒業式。

「私はライフデザイン講座で何を学んだのか」

ここまでの歩みを「得たこと」ではなく「捨てたこと」という視点で振り返ってみたら、より自分の成長がはっきりと分かるなあ…と感じたので、まとめて残しておきます。

ライフデザイン講座を受けてから捨てたもの

  • 仕事中心で衣食住が破綻した生活
  • 感情に白黒つけること
  • 褒め言葉を疑うこと
  • 無理して人に合わせること
  • 必要以上に自分を追い込むこと
  • 自分の容姿に対する諦め
  • ときめかない服
  • 苦手を克服するのにエネルギーを使うこと
  • 長時間労働
  • 雇用形態にこだわって仕事を選ぶこと
  • 過去の自分を全否定すること
  • 年齢を理由に諦めること
  • 「もう大人なんだから」
  • 「普通はこうだから」
  • 「私には存在価値がない」
  • 「夢は叶わない」

ざっと挙げただけでもこんなにあります。

そして、これはあくまでも私の場合。

別のきっかけがあって受講した人は、また違うギフトも手に入れているはずです。

本来の姿に戻る喜びを伝えたい

細かいところまで挙げていくと、数えきれないほどありますが…

いちばん言いたいことをまとめると、「今まで疎かにしていたものが実は大事だったんだよ」ということです。

毎日が楽しいということ。

心も身体もリラックスした生活。

仲間と一緒に笑って過ごすこと。

得意なことで誰かの役に立つこと。

自分で自分をいちばん大切にすること。

ずっと昔はできていたはずなのに…だんだんと忘れてしまった、生きていく上で大切なこと。

それらを一から学んで、本来の私に戻っていきました。

その後、だんだん生きるのが楽になり、行動もあり方も別人のように変わっていきました。

変わりたいときにまず必要なのは、付け足すことではなく「捨てること」なのです。

追い込まなくても、鞭を打たなくても、本来の自分を思い出したらうまくいきます。

これから開講予定の私のクラスでも、出会ってくださる方に大切にお伝えしていきたい。

現在募集中のメニュー

  • ブックマーク

この記事を書いた人