夢を叶えたいならじぶんノートは欠かせない

キューイスト(ライフデザイン講座認定講師)の畠中さおりです。

はじめましての方はこちらから。

私がキューイストになったのは2023年1月。約1年半前から描いていたでした。

学びと実践と、ときには試練も乗り越えて。

何度もノートに書いて、人にも話して、写真をたくさん貼って視覚化もした夢。

その結果、予定通り叶えることができましたが…実は叶わない可能性もあったのです。

諦めたら叶わなかった。

当たり前?

でも私たちって、多くのことを「諦めたという自覚がないまま」諦めているのです。

諦めてしまう原因は…

夢や目標を追いかけているとき、こんな風に思ったことありませんか?

「やっぱり難しいかも」

「私にできるのかな?」

「頑張っても無理かもしれない」

諦めてしまう原因…それは自分自身の「心の声」なのです。

「心の声」は常にあふれてくるので拾いきれない。そして止めてくれる人もいない。

だから、ひとりで「無理かも、ダメかも、できないかも…」とぐるぐる考えているうちに、「諦める」を選択してしまうのです。

でも、じぶんノートがあれば大丈夫。

ノートの中ではひとりじゃないから

じぶんノートには、私を全肯定してくれる「執事さん」がいます。

ただ感情を書き連ねるだけでなく、執事さんがいることで寄り添いや共感が生まれる。

とっても安心感に包まれるノート術なのですが…

執事さんの声かけによって、自信をなくしている自分や、諦めそうになっている自分に気づくこともできるのです。

そして、その感情にたっぷり寄り添い、望むほうへ目を向けることができる。

「どうやったら笑顔になれる?」

「本当はどうしたい?」

ノートの中での執事さんとの対話を通して、「諦める」という選択肢を手放し、また進んでいけるのです。

「やめる」「諦める」という選択肢は常にある。

それにのまれてしまうのか、乗り越えて進んでいけるのかは、心の声の扱い方にかかっています。

だからこそ、ノートを書く。

いつでも自分の本音を見て、背中を押してあげられるようになると、また一歩夢に近づくことができるのです。

今お伝えしているノート術に、私自身もずっと助けられています。

こちらでも発信しています

  • ブックマーク

この記事を書いた人