もっと自分を信じて生きていい

キューイスト(ライフデザイン講座認定講師)の畠中さおりです。

はじめましての方はこちらから。

「あなたにとってライフデザイン講座とは?」

キューイストになる前、こんな問いに答えるワークをしたことがあります。

そのとき私がノートに書いたのは、

  • 人生の主導権を取り戻す講座
  • 自分を取り戻す講座

実際に受講して感じたことを、今の私目線で振り返ってみます。

最後のチャンスに賭けたもの

私にとってライフデザイン講座は「最後のチャンス」でした。

散々学んで、お金も時間もかけたのに変われなくて、もうこれ以上同じことばかり繰り返せない。

それに今までの学びでは、見て見ぬふりをしてきたものがあるようにも感じている。

だからここで絶対に変わる。何があっても正面から向き合おうと決めていました。

講座の中では、「私はどう思ったのか」「私はどうしたいのか」を問われる機会がたくさんありました。

ノートを書いていても、自然とそんな問いかけをするように。

今までないがしろにしてきた「私自身」と、徹底的に向き合う4か月となりました。

7年も気づけなかった大事なこと

講座で学ぶ中で、やっと気づいたことがひとつあって…

「私はどうしたいのか」

この問いかけが、ライフデザイン講座以前の学びでは弱かったのです。

考える機会はたくさん与えてもらっていたのですが…

「正しいのはどれか」とか、「これを選んでおいたほうがいいんじゃないか」とか、いつも他人の目線が入っていた。

だからまた迷い始める。そしてさらに分からなくなる。

自分のことをじっくり見てあげていなかったから、7年間も「学んだのに変われない」を繰り返していたのです。

(結構長いほう…だと思う)

「こんな風に答えたら先生が喜ぶだろう」

「こんなことを言ったら、みんなに変だと思われるかもしれない…だからみんなに合わせておこう」

小さいころから「空気を読む」とか「周りに合わせる」が当たり前になって、大人になってもそれがずっと抜けない。

私がまさにそうだったのですが、同じような人もたくさんいるんじゃないかな?と思っています。

だから、自分の考えや感覚を信じるというのは新鮮なことでした。

私を信じられるという安心感

答えは自分が持っている。

自分の持っている答えは正解。

この「安心感」をちゃんと実感できると、だんだん生きるのが楽になってきます。

でも一日だけでは難しかった…毎日コツコツ、ノートを書いて、講座で学んだことを実践したからこそ。

それがいちばんの近道なのです。

すぐに100%思い通りの変化を起こす、というのは正直難しいかもしれない。

でも、日々実践し続けることで確実に効いてくる、人生を変える学び。

今後、私も自分のクラスを開講します。

自分を信じて幸せに生きる女性を増やすため、水面下で準備を進めているところです。

現在募集中のメニュー

  • ブックマーク

この記事を書いた人