あっさりでも時間をかけても「どちらでもいい」

「やっぱり◯◯しないほうがよかったかな?」

「こんなこともできないヤツ、って思われないかな?」

少し前の自分の言動について、ふと心の声が出てきたのでノートを書いたら…

見開き1ページ書いたところで解決。

無理に捉え方を変えたりしたわけではなく、自然に「あ、そういうことだったのね」と気づいて終わった。

このとき思ったのだ。

「こんなにあっさり解決しちゃっていいの!?」って。

「それって本当?」

「こんなにあっさり解決しちゃっていいの!?」

これがそもそも思い込みだなあ、と笑ってしまった…

すべてのものに対して、「めちゃくちゃ時間をかけて向き合わなければ解決しない」くらいに思っている。

心当たりはないだろうか?

以前の私は「時間をかけて作ったものは良いものだ」と信じていたのだが、これも同じこと。

反対に「早く作ったものは手抜きだ」とも…

本当にそうなのだろうか?

例外がいくつも浮かんでくるなら、怪しい。

ちなみに冒頭の…

「やっぱり◯◯しないほうがよかったかな?」

「こんなこともできないヤツ、って思われないかな?」

ここからさらに見ていった結果、分かったこと。

私は相手のことを「神」か何かだと思っていたらしい!笑

「相手は私の伝えることをすべて、すでに当然のこととして知っている」

つまり「私の言動は相手の役に立たない」とか!

ノートを書いていく中で、こんな風に気づけると笑っちゃうのだ。

そして「大丈夫だったね」って安心する。

Information

▼最新情報をいち早くお届けします!
https://lin.ee/k5JpKgs

  • ブックマーク

この記事を書いた人