ノートの書き方は「時系列」が最強かもしれない

ノートを用途別に分けてうまくいったことがない。

情報が散らばってしまい、管理しづらいからである。

加えて、中途半端にページが余ったノートが何冊も生まれてしまうのもイヤなのだ。

そのため、いつからか「一冊のノートに時系列で書く」スタイルになった。

(勉強用のノートだけは別で作る)

今日、そのスタイルでよかったと思う出来事があったので記録しておく。

物件探しで「時系列ノート」が役に立った

3月の引っ越しに向け、物件探しをしている。

今週末もずっとネットで検索していた。

いくつか条件に合う物件が見つかったので、今日の午後に検索サイトから問い合わせた。

すると、すぐに電話やメールで返答があった。

そのときは外にいたのだが、「求める条件を教えてほしい」と言われ、持っていたノートを開いたらちゃんと書いてあった。

ノートを見ながら、その場で必要なことを伝えることができたのだ。

今必要な情報がすぐ見つかる=時系列最強

今回良かったと思うことは2つある。

・明確に「これだけは譲れない」ということを決めておいた
・それを書いたノートを持っていた(いつもこの一冊だけは持ち歩く習慣ができている)

いろいろなものに書いていたら、その場で考えながら曖昧な返答をしていただろう。

あとから追加・訂正するのは面倒なので、一度に済ませることができて良かった。

時系列だと「今必要なこと」「進行中のこと」をすぐに引き出せる。

全然意識していなかったが、実はいちばんいい方法なのではないか……?

今回の出来事でそんなことを考えたのであった。

  • ブックマーク

この記事を書いた人