WOOPの法則 実践編~FP3級合格に向けて

メンタリストDaiGoさんの「Dラボ」で学んだことを使って、FP3級合格に向けた計画を立てた。

WOOPの法則(参照)。絶対に結果を出したいので、とことん実践するつもりである。

Wish(願望)
Outcome(結果)
Obstacle(障害)
Plan(計画)

この4つの項目について、それぞれ考えて書き出してみた。

勉強に関する1月(前半)の目標

Wish(願望)

FP3級テキストを1冊読み切りたい

ひととおり内容に触れたい

Outcome(結果)

試験(覚えるべきこと)の全体像が分かる

自分の興味のある分野・苦手分野が分かる

Obstacle(障害)

他のことで手一杯になってしまい、先送りしてしまう

疲れや時間のなさを言い訳にしてしまう

Plan(計画)/if-then

(まとまった時間が取れないことを見越して)ヒマだと思ったら、テキストを開いて読む

↑これはアリなのか?普通の本を読むのと同じ感覚で読めたらいいなあ……とは思う。

全体の計画(後方プランニング)

長期目標なので、後方プランニング(逆算)で計画を立てる。これもDラボでの学び。

過去問演習が大事だと思うが、感覚として本番1か月前からでは遅い。

1か月前の4月23日~5月23日は、本番前の調整期間としたいので、過去問は遅くとも2か月前の3月23日から取りかかりたい。

では、その前の期間はどうするか。読むだけでは頭に入らないと思うので、過去問を解き始めてしまおうか……

具体的なところは、勉強しながら計画を修正していこう。

時間を確保して、決めた学習量をこなせればできる!

見直し・改善を繰り返そう

初めてWOOPの法則を使って計画を立てた。

Plan(if-then)を具体化していくことで、目標達成率がアップするそうだ。

そのためには日々の見直しが必要である。

今回立てた計画も、ずっとこのままにするつもりはなく、最低でも週1くらいで改善するつもり。

行動の質を上げていきたい!

  • ブックマーク

この記事を書いた人