チートデイを導入~緩める日を意識的に作ってみる

2日の記事で、目標達成に向けて取り組みたいことが2つある、と書いた。

「WOOPの法則」と「if-thenプランニング」。

そのときは書かなかったのだが、実はもうひとつ取り入れたいことがあった。「チートデイ」である。

チートデイとは

まず「チート」という言葉を知らなかった(使う場面ないし)。「騙す」「欺く」という意味があるらしい。

つまり、ズルしていい(あえて失敗する)日をつくることである。

習慣が完全に定着するまでは、必ず入れたほうがいいそうだ。

例として「ダイエット中でも、週1~10日に1回は好きなものを食べていい日をつくる」ことが挙げられていた。

そのほうがカロリーバランス的にも帳尻が合って、成功に結びつきやすいとのこと。

ポイントは「チートデイにする日をあらかじめ決めておく」こと。そこに向かってモチベーションを保てるから。

「今日はチートデイにしよう」はNGなのだ。

私のチートデイはこれだ!

さて……私は何をズルしようか思いつかなくて(笑)、どうしようかとずっと考えていた。

やっと決まったのがこちら。

毎週日曜日の朝だけは9:00まで寝ることを許す。

早起き・生活リズム構築の息抜きとして。

(勉強や音楽に関することはやめたほうがいいと思った)

どうしても起きたいなら起きてもいいけれど、時間を気にせず寝る日があってもいいだろう。

普段の起床・就寝時間と日曜日の就寝時間は守る。

メリハリをつけて頑張ろう

今日がチートデイである。9:00まで寝て、ちょっとゆっくりなスタート。

これからも、日曜日だけは緩めに動き出すことにする。精神的な余裕も取り戻せるかな?

しばらく続けてみて、合わなかったらまた他のを試せばいいや。

仮説・検証の繰り返し……

  • ブックマーク

この記事を書いた人