エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする by グレッグ・マキューン~大事なのは「本質」

先日記事にしたDaiGoさんの本と一緒に買っていた本。

読み始める前に、まずエッセンシャル(essential)という言葉を調べた。ちゃんと知らなかったから(笑)

「絶対必要な」「本質的な」という意味があるようだ。

読み始める前に、読書の目的を書き出す……

読む目的と得たい効果

なぜ読もうと思ったのか
・自分にとって何が大切か、見極められるようになりたいから
・考え方を知りたい

得たいこと・知りたいこと
・優先順位のつけ方
・エッセンシャル思考を身につけたらどう変われるのか(未来像)

読んだあとどうなりたいか
・無駄に疲れない生き方をしていきたい
・自由な時間を増やしたい

「本質」を掴む力をつける

あれもこれも大事な気がしてしまうし、限りある時間の中ですべてやらなくては……と考えて苦しんできた。

しかし実際はそうではない。大事なことはとても「少ない」のだ。

エッセンシャル思考は、わずかな大事なことに集中(本質を掴む)ための思考法なのだ。

ジャーナリズム

ひとつの例として、ある学校で行われたジャーナリズムの授業が挙げられていた。

長いストーリーの要約の答えが「来週木曜日は学校が休み」であった、という話。

(本書の中でいちばん感動したポイント)

ただ元の文章を削ぎ落して繋げるだけではいけない。

減らした上で、いちばん重要なことを的確に示す……

ジャーナリズム(ジャーナリストの目)を養うために有効な方法は「日記をつける」ことらしい。

まさに昨年末から取り組み始めたことなので、とても嬉しい偶然である。

「書きすぎない」「読み返す」といったポイントも押さえていた(もう続けるしかない)。

編集

ジャーナリズムと同様、減らしながら価値を増やすのが「編集」である。

編集というと書籍や動画のイメージだが、その本来の意味は知らなかった……

本書では「編集の4原則」として、以下の4つが挙げられていた。

・削除する
・凝縮する
・修正する
・抑制する

「削除」と「凝縮」がポイントだと思った。

普段から「編集」を意識しながら過ごすことで、日常生活の充実度も上がっていく、とのこと(この考え方は面白そう)。

よく寝る・よく遊ぶ

本書では「遊ぶこと」「寝ること」の大切さにも触れられていた。

真っ先に切り捨てがち(少なくとも私にとっては)な2つである。

睡眠の大切さは最近になってやっと分かってきた(寝たら負けだ!と思っていた時期が長いので)。

眠気を我慢することにエネルギーを使うよりも、万全な状態で「短期集中」のほうが絶対効率がいい。

また、私は「遊び」をつい軽視してしまうのだが、大人こそたくさん遊ぶべきだという。

ストレス軽減や脳の活性化など、仕事にも役に立つ効果が得られるそうだ。

日々の生活にちょっとした「遊び心」を取り入れるだけでも楽しく過ごせそう。

さいごに

エッセンシャル思考=自分の人生を自分で決めるということなのだ。

「大事なことは少ない」と分かっただけでも、本書を読んだ価値はあると思う。

やることを絞らなければ、自分の進む方向さえも見えなくなってしまうから。

今の生活からも、減らせることって実はたくさんあるんだろうなあ……

本当に必要なことの価値を高める生き方を目指したい。

  • ブックマーク

この記事を書いた人