2021年を最高の一年にするため、目標達成の方法を学んだ。

毎年、年始に立てた目標など達成できたためしがない。もはや目標を立てることすら放棄していた。

それでも2021年は頑張ってみたい。

うまく説明できないが、感覚的に分かる。例年とは何かが違うのだ。

変化をもたらされた2020年

この一年で失ったものがたくさんある(参照)。

辛すぎて、本当に身体が動かなかった時期もあった。

「なぜ生きているのか」とか、「何のために生きているのか」とか、ひたすら考えていた(だから余計に辛くなったのかもしれないが……)。

未来まで続いているはずの道が、途中から暗く、途切れてしまったような感覚があった。

「ずっとこのままじゃイヤだな」と、何度も何度も思った。

2020年で人生観は大きく変わっている。

あまりにも辛かったので、これからは失ったものをすべて取り戻す気でいるのかもしれない。

今までは周りの環境にも振り回されがちだったが、それも綺麗にリセットされた。

人と比べてどうしよう……みたいな感じはない。流されることもこれからは少なくなるんじゃないかな、と思っている。

学びを生かして目標設定する

本を読んだり人の話を聞いたりして学ぶのが好きなのだが、去年の秋からはさらに新しいことを始めた。

メンタリストDaiGoさんの「Dラボ」というサービスに加入し、毎日1.5~2時間、学ぶ時間を作っているのだ。

動画だがラジオ感覚で聴けるので最高(通勤中に聴きたくて、バックグラウンド再生ができるプランに変更した)。

今日は元日の生放送分を視聴。そのテーマが「目標達成の極意」というものだった。

いくつか実例を交えて紹介されていたが、なかでも「これはやったほうがいい!」と思ったことが2つある。

WOOPの法則

WOOPとは、以下4つの頭文字を取ったもの。

Wish(願望)
Outcome(結果)
Obstacle(障害)
Plan(計画)

ただ「○○したい」と思うだけでなく、どんな結果になったらいいのか、途中で現れる障害をどうやって乗り越えるのか……ここまで細かく考えるのだ。

この法則を使うことで、目標の達成率が2~3倍になるとのこと。

if-thenプランニング

WOOPの法則の「Plan」は、if-thenプランニングで作るのが良いそうだ。

if-thenプランニングは、条件付きのTODOのこと。「もし○○という状況になったら○○する」というもの。

(これもDaiGoさんの動画を見るまで知らなかった)

悪い習慣を変えるよりも、良い習慣をつくるときにより効果があるそうだ。

大きく成長するために

目標達成のためには、「現実的に」戦略を練るのだ。

考え方・やり方次第で何でもできそう。この感じ、荒れ狂った2020年ですべて忘れてしまっていたので……思い出せてよかった。

上に挙げた2つ以外にも、「一年を11か月として行動する」という考え方は取り入れようと思った。

12月は遅れを取り戻したり、翌年の目標を前倒しで進めるのに使うんだって。

「計画通りにいかない」というのも、きっと思い込み。

できる方法はあるはずだから、コツコツと着実に、小さな変化も喜びながら。

一年間でどれだけ変わるのか楽しみだ!

  • ブックマーク

この記事を書いた人