私の学びのスタート地点

虎ノ門にあるジョエル・ロブションのカフェへ行ってきました。

ずっと気になっていたのですが、高級そうな雰囲気に圧倒されて、目の前を通り過ぎてばかり。

勇気を出して入ってみたら、意外とお手頃で美味しかったです。

▲ガレットとコーヒー。

注文してから気づいたのが、ガレットを食べるのは2014年以来だということ。

あるセミナーに参加する前、お昼に名古屋駅のカフェで食べたのが最初で最後。

そのとき参加したのが、私にとって人生初の「セミナー」でした。

ふと思い出した「学びの始まり」

当時勤めていた会社で、課題として毎月読んでいた自己啓発本。

そのうちのある一冊がとても気に入りました。

そして偶然、その著者の方から直接話を聞けるチャンスがあると知りました。

本当は東京会場がよかったけれど、すでに満席で……他の行けそうな場所を探したところ、次に近いのが名古屋会場でした。

ひとりで遠出した経験がなかった私。

誰かに何か言われたわけでもないのに、申し込むまでは罪悪感でいっぱいでした。

「働き始めたばかりで収入も少ないのに……」

「高い新幹線代を払ってわざわざ行くもの?」

「そこまでしなくてもよくない?」

自分の中にたくさんのブロックがありました。

加えて週6日仕事をしていたので、お休みは日曜日だけ。

名古屋セミナーは日曜開催。

「お金も時間もないから日帰りにするしかない……」

「次の日は仕事だけど大丈夫かな……」

さまざまな葛藤を乗り越えて、貴重な日曜休みに、日帰りで名古屋まで行くことを決めました。

それだけ、そのセミナーに何かを求めていたのだと思います。

参加者は自分よりひと周りもふた周りも年上の方ばかりで、終始緊張していたのを覚えています。

あとは……登壇者の著者の方に釘付けでした。

「自分で事業をしている女性って輝いているんだなあ……」

「服装も髪形もとっても素敵」

「自信にあふれた表情で、堂々と自分の思いを伝えられてかっこいいなあ……」

「私とは全然違う」

2014年のそのセミナーをきっかけに、私の「人生を変える」ための学びが始まったのでした(懐かしい)。

そこから自己啓発本の沼にはまって、

いろいろなセミナーや継続講座を受けて、

それでも変われなくて、迷走し続けて、

2021年6月にライフデザイン講座に申し込みました。

今とこれから

ライフデザイン講座を卒業して1か月。

今はその先のことも考えていて、どんどん人生が楽しくなっています。

あの日間近で見た素敵な女性のように……

「私が事業を始めるなら、〇〇がしたい」

「〇〇な人に出会って、〇〇のような経験ができたらいいな」

未来のことをたくさん考えて、ワクワクできるようになりました。

ここまで長かったなあ……

たまたま思い出した過去でした。

  • ブックマーク

この記事を書いた人