行動は内側から変わっていく

ライフデザイン講座を卒業した今、未来に向けて動きたい意欲が高まっています。

受講中もじわじわと変化が感じられるようになってきましたが、卒業式で一気にスイッチが入ったような気がします。

(特別すごいことをしたわけではないけれど、人生を変える卒業式でした)

これからの2年間で挑戦したいことがあるので、大まかに計画を立て、実際に「調べる」「試す」を少しずつ始めているところです。

私が講座を受けようと思ったのは、変わりたいのに変われない自分を何とかしたかったから。

変わるためにたくさん行動していました。

それでも変わらなかった理由……

行動そのものではなく、「行動のもとになるもの」が原因でした。

「欠乏感」が行動の源だった

これまでもずーっと学び続けてきました。

人からは「すごいね」「えらいね」とたくさん言われましたが……すべては欠乏感からの行動でした。

「私には何もないから学ばなければ!」「動かなければ!」と。

でも、私という人間の根っこが変わっていないので、知識を得ても「どうせ無理」「やっぱりできない」に行き着いていました。

ライフデザイン講座の前にも、他の継続講座を受けたことがあります。

受講中はやる気になっているのに、講座から離れると元に戻ってしまう……

計画を立てても楽しくない。やりたくないし、結局やらない……

モチベーション維持ができないことにも苦しんでいました。

変わりたくないわけではないのです。

たくさん学んできたので、「人間は変化を嫌う生き物」だ、ということは知っていました。

でも、どうしたら戻らなくなるのかは分かりませんでした。

「こうしたら戻らなくなるよ」という方法を実践しても、やっぱり戻ってしまっていたから。

頭では分かっているつもりなのに……

そして、そんな自分は本当にダメだと思っていました。

「自分で自分をコントロールできない人間だから、人生を変えることなんてできない」

沼から抜け出せず、もがき続けていました。

今は「自然と」行動したい

今は、内側から行動したい意欲が溢れてくるのを感じます。

無理矢理モチベーションを上げているのではなく、自然に。

私の、私に対する「前提」が変わったからです。

そして、本当にやりたいことが分かったから。

以前は「自分がどうなりたいのか」が分からなくて、とにかく闇雲に学んでいました。

好きでもない法律の資格を取ろうとしたり、役に立つはずだからとWeb関係の勉強を始めてみたり。

あとで「実はやりたくなかったんだ……」と分かりました。

やりたくないことを学ぼうとしても、やる気なんて起きるわけがないし、逃げることばかり考えてしまうのも当たり前。

当時の私の反応は正直だった。全然悪くない。

責める必要なんてありませんでした。

人は変えられないというけれど、自分も同じく。

外側からでなく内側から変わるものなんだな、と思います。

外見は服や化粧でいくらでも変えられますが、やっぱり内面が外見にも表れるから。滲み出るもの。

内側から自然に溢れるものは心地がいいです。

さいごに

燃える私。

真っ赤な炎というよりは、ガスコンロの青い炎のイメージです。

小さな火が坦々と燃え続けているような状態。

静かに安定して燃えているので、燃え尽きることはないんだろうな、と思っています。

このまま進んでいけば、きっとうまくいく。

  • ブックマーク

この記事を書いた人