住みたい場所と、歩きたい場所。

先日、久々に浅草へ行ってきた。

本当はある目的があって行ったのだが、現地に着いてからそれができないことが発覚。

せっかく来たんだし、時間もあるし……ということで、浅草寺へ向かう。

人が多いので雷門はくぐらず。

仲見世通りも、真ん中ではなくその脇、店舗裏が並ぶ道を通って本殿に向かった。

浅草の雰囲気は、今住んでいるところと真逆。

住む場所としては好みではない。

でも好きな場所ではあるので、たまに歩きたくなる。

ただ歩くだけでいい。

古いものと新しいものが混在していて、タイムスリップしたみたいで楽しいのだ。

たまに景色がセピア色に見えてくる(ような気がする)。

▲こんな風に。

社会の教科書で見た、色褪せた写真を思い出しているんだろうな。

それだけ印象に残っていたということだ。

いつか「浅草に住みたい」なんて思う日が来るのだろうか。

良さを知ったら、もっと好きになれるかな?

  • ブックマーク

この記事を書いた人