Coffee Shop ギャラン/上野 ~ 2つの意味で懐かしい喫茶店【超個人的な話】

昨日は東京国立博物館へ行ったあと、遅めの昼食をとるため、上野駅近くの「Coffee Shop ギャラン」へ。

このお店、たぶん10年前に父と2人で入ったことがある。

最近、「上野 ランチ」で検索して調べているうちに、なんだか見覚えのある写真を見つけたのだ。

私の中の記憶と照らし合わせても、あのとき行ったお店は99%ここに違いない。

懐かしくなったので、是非また行ってみようと思っていたのだ。

Coffee Shop ギャランの外観

入り口からもう雰囲気が違う。

美味しそうな食品サンプル。あまり見かけないよねえ。

階段で2階へ上がる。昭和っぽい?バブルっぽい?ギラギラ感。

父と「階段が急だね」という話をしたのを覚えている(今日はそうでもなかったな・・・)。奥にはエレベーターもあるみたい。

店内の様子

10年前は、たしか窓際の席に座っていた。父が奥で、私が手前。

ここじゃないかもしれないが、今回も窓際に座ることができた。

壁にもちょっと映っているけれど、全体的に照明がギラギラしている。

天井はこんな感じ。こうして見るとまあまあ派手だなあ・・・

行ったのは16:00過ぎだけど、日曜かつ夏休みということで満席。ちょっとだけ待った。

こういう喫茶店ってあまり若い人が行くイメージはないんだけど、意外と若い女性グループやカップルがいて驚いた。あと家族連れも!

BGMは周りの話し声でよく聴こえなかったけれど、はっきり分かったのは「ああ 果てしない 夢を追いつづけ~」という歌詞。

(あとで調べてみたら、クリスタルキングの『大都会』という曲だった!)

10年前が懐かしいピラフ

当時は父がピラフ、私はオムライスを注文していた。

そのときの私はオムライスにハマっていて、どこへ行ってもオムライスばかり頼んでいたのだ(笑)

今回は父が頼んでいたピラフ(900円)にしてみた。

暑いのでアイスティーも。

小さいころは喫茶店でご飯を食べる意味が分からなかったけれど、大人になるにつれてすごく好きになってしまった。

なんかいいんだよね、ナポリタンとかさ。都内の喫茶店巡りでもしようかしら。

まとめ

平成生まれだけど、なぜか懐かしさを感じてしまう。タイプスリップした感覚、といったほうが近いかな?

私はここの雰囲気、けっこう好き。流行りのお洒落カフェもいいけれど、昔ながらの喫茶店の安心感もまた癖になりそうだ。

デザートメニューも美味しそうだった・・・今度はパフェを食べに行こう。

アクセス

Coffee Shop ギャラン

住所:東京都台東区上野6丁目14-4

東京メトロ銀座線、日比谷線 上野駅下車 5b出口より徒歩1分
京成上野駅から178m

営業時間:8:00~23:00
日曜営業

定休日:年中無休

The following two tabs change content below.
末光咲織

末光咲織

東京都在住/夜型勤務の会社員/好きなもの:エレクトーン、ミュージカル、街歩き/気になっているもの:日本の歴史、和食、東京の東側