新しい時代

日付が5/1に変わる瞬間、たまたま時計を見ていた。特に何も起こらなかった。

今日は朝から予定があったので、会社に行く日と同じくらいの時間に家を出た。早朝だからか、普段より人が少なかった。そして、浮かれているような人は誰もいなかった(ような気がした)。

5/1になった途端、街は見慣れない『令和』の文字で溢れていて、まるでパラレルワールドにでも来てしまったかのような感覚に・・・なんてことを想像していたが、見事に期待は裏切られた。ちょっとだけ残念である。

緩やかに移り変わっていくのだろう。

街も人も、いつもと変わらなかった。ただひとつ、歌舞伎座の入口付近で『平成歌舞伎30年博』というポスターを見つけたときは、なんだか寂しくなってしまった。

ああ、やっぱり終わってしまったのだなあ・・・と。

いつかテレビで見た、東京タワー建設時期のセピア色の写真。平成の30年間、昨日まで見ていた景色が同じ色に変わっていく。

さよなら、平成。本当にさよならだ。

発表から1ヶ月経つので、さすがに『令和』の響きには慣れてきた。それでも平成に対する名残惜しさはまだ消えそうにない。やっぱり自分の生まれた元号は特別なのだ。

The following two tabs change content below.
末光咲織

末光咲織

東京都在住の20代★会社員/ブロガー/エレクトーン弾き(歴14年)★エニアグラム5w4(探求型×アーティスト志向)★SF:内省/最上志向/未来志向/慎重さ/目標志向★人生の主導権を取り戻すべく活動中!
末光咲織

最新記事 by 末光咲織 (全て見る)