600記事削除して気づいたこと

ブログを始めてから2年も経つのに、いつまでたっても「なにかが違う」と感じていた。

でも、そのままにして書き続けていた。

ある日突然、自分の書きためてきた記事がゴミにしか見えなくなって、「こんなのもういらない」と思ってしまった。

で、決めたら早いから、600記事くらいを一気に削除してしまった。今年の1月あたまくらい。何日ごろかは覚えていない。

ブログをやめようとは思わなかったし、このドメインもずっと使い続けたかった。ただ、リセットしたかっただけなのだ(すべての記事を消したしたわけじゃないけれど)。

不思議と後悔はしていない。

私は自分の書いた記事が好きじゃなかった。愛着がもてないから二度と見たくなかった。書いても書いても、そんなものがたまっていくだけ。

ブログ自体が「淀んだ沼」みたいなものだった。

600記事削除したときの精神状態は、たしかにいつもと違っていた。それを抜きにしても、自分が書いた、分身ともいえる記事を消すなんてどうかしている。

考えた結果、気づいたのだ。

自分のニーズに合った記事を書いていなかった。

「いちばんの読み手はだれか」と考えたときに、真っ先に浮かぶのは「私自身」なのだ。私が好きでない記事なら、私にとっては価値なんてないのだ。

「淀んだ沼」の反対を手に入れる方法は、自分が「宝」だと思えるような記事を書くことだ。

毎日書かなくてもいい。長文でなくてもいい。

自分が読んで納得するか。

自分がもう一度読み返したいと思うか。

書く「対象」を好きか(好感を持っているか)。

自分の言葉で書いているか。

これらをクリアすることを第一に考える。

人のことは気にしないで、自分の「お気に入り」の記事を少しずつ増やしていく。お気に入りなら何度でも読みたくなる。もっと良くしたくなる。

自分のニーズをいちばんに満たすということ。

「ひとつひとつの記事を大事に育てる」という感覚。

私に足りなかったもの。

The following two tabs change content below.
末光咲織

末光咲織

東京都在住の20代★会社員/ブロガー/エレクトーン弾き(歴14年)★エニアグラム5w4(探求型×アーティスト志向)★SF:内省/最上志向/未来志向/慎重さ/目標志向★人生の主導権を取り戻すべく活動中!
末光咲織

最新記事 by 末光咲織 (全て見る)