ナナメの夕暮れ/若林正恭

本書を手に取った理由はズバリ、著者自身と、著者の表現が好きだからである。

若林さんの著書は『社会人大学人見知り学部 卒業見込』も読んだことがある。こちらもエッセイで、たくさん共感しながら読んだことを覚えている。

たくさん共感したということは、私も考えすぎな(めんどくさい?)ところがあるのかもしれない……

もちろん、本書も絶対に読もうと思っていた。エッセイを読みながらメモを取ったのは初めてだ。

ここが響いた!

★他人への否定的な目線は、時間差で必ず自分に返ってきて、人生の楽しみを奪う

本書の後半で、若林さん自身が「スターバックスで『グランデ』と言えない理由」について述べている箇所がある。

その原因は「自意識過剰」であり、自意識過剰の元をたどっていくと「他人を心の中で散々バカにしてきたこと」に行き着く、とのこと。

下記4つが例として挙げられている。

・大学でサークルに入ること
・学園祭に本気で取り組むこと
・海外に一人旅に出ること
・告白すること

これらを「みっともない」と片付けて参加しない。

すると、自分も誰かに「みっともない」と言われるのが怖くなってしまう。好きなことであっても楽しめない、という事態に陥ってしまう。

その結果、自分で自分の可能性を狭めてしまい、「生きてて全然楽しくない地獄」にハマってしまう……

このように繋がっていたそうだ。

他人を貶めることでそれができない自分を正当化する。

それがいちばん楽だろうし、ついやってしまいそうになる自分に気づくこともある。

しかし、ちゃんと自分にも返ってくるのだ。チャンスを自らの手で潰してしまうのだ。こんなに恐ろしいことはないだろう。

若林さんは「生きてて全然楽しくない地獄」を脱出するために、「ノートに自分が楽しいと感じたことを書く→他人を肯定する言葉を書く」という作業を続けたそうだ。

好きという感情は「肯定」。好きなことがあるということは「世界を肯定すること」。

世界の見方が変わることで、生きることが楽しくなっていくのだ。

他にも!ポイントメモ!

・試すってすごく楽しいことなんだ(=何かがうまくいく喜びには、それまでうまくいかない苦しみが必要不可欠)

・一人で居てもあまり寂しくないのは、自分と話しているからなのだ

・自分の中の正解と誰かの正論は根本的に質が違う

・自分の外側ではなく、内側におもしろいことを創る

・野心や欲望は衝動だから、自然に湧き上がってくるものであって、「持て!」と言われて持てるものではない

・内(自意識)ではなく外に大事なものを作った方が人生はイージーだ

・価値下げによる自己肯定は楽だから癖になる

・好きなことがあるということは、“世界を肯定している”ことになる

・生き辛さの原因のほとんどが、他人の否定的な視線への恐怖だった

・“勘”といわれるものは今までウケたこと、ウケなかったことのデータの総量の瞬間的な結論(=打席に立たないとダメだし挑戦しないとデータが集まらない)

・外のジャッジが正しいとは限らない

・何歳になっても“昨日より伸びしろが広がることがある”

まとめ

生き辛さに苦しんで、答えを探し続けて、やっと光が見えてくる。そんな軌跡がたくさん詰まっていた。

人によっては「考えすぎ」という言葉で片付けてしまうのだろう。

それでも、自分の中の違和感をそのままにせず、納得するまで探求することは必要だと思う。自分自身の気づきこそが、自分を変えるいちばんの方法なのだ。

若林さんの文章を読んでいると、共感ポイントがどんどん出てきて、苦しくなったりほっとしたりする。やはりタイプが似ているのだろうか、ちょっとだけ……

前作も、もう一度読みたくなってきた。

The following two tabs change content below.
末光咲織

末光咲織

東京都在住/夜型勤務の会社員/好きなもの:エレクトーン、ミュージカル、街歩き/気になっているもの:日本の歴史、和食、東京の東側