あの「100記事更新宣言」から1年 今月はできるだけ頑張ってみよう

ブロガーコミュニティ内で、「1ヶ月に100記事書こう!」という祭り(あえてこの表現を使いたい)が行われている。

2017年12月の1ヶ月間だけのはずが、2018年に入ってからも常に開催中。

この100記事更新祭り(通称#100blogs)の言い出しっぺは私なのだ。そして、問題の記事はこちら(笑)

去年の12月は、大晦日までかかってなんとか100記事書き上げた。

でも、それ以降は毎月100記事なんて書けていなくて、それどころか何度もエネルギー切れを起こしたりして・・・

私以外のみんなが楽しんで書いて盛り上げてくれているおかげで、1年も祭りが続いているのだ。

今年1年、何をした?

もう1年、あっという間の1年。光陰矢の如しすぎて震えが止まらない・・・

「人は目先の目標を重要視し、長期的な目標は軽視しがちだ」みたいなことを、誰かが言っていたような気がするけれど、確かにそうだなあと。

去年の今ごろは、一体何を目標にしていたのだろうか(100記事書くのに必死で、目標どころではなかったのかもしれないが)。

あまり振り返りはしないけれど、年末にはざっと1年間の出来事を思い出してみる。

そして毎年同じことを思う。今年も大したことしないで終わってしまったな、と。

「大したこと」とは?地球一周でもすれば「大したことをした」ことになるのか?

そうなると私は、一生かかっても「大したこと」なんてできやしない。勝手に「何も成し遂げられない人生」という脚本を更新し続けるだけだ。

記録を残す=記憶に残す

毎日を「濃く」するために、日常のほんのちょっとした変化・成長に、もっと感動できるようになろう。

そのためには記録を残すこと。100記事更新は、自分の成長記録を残すためにも有効な手段なのだ。

正直、1ヶ月に100記事書くのは相当厳しい。ブログ以外にもやることはあるし、それが結構時間を取られるものなので。

だから、心構えとしては「絶対に100記事書く!」ではなく、「100記事目指してできるだけたくさん書く!」のほうがよさそうだ。

行動したらアウトプット(行動っていうのは、別に外へ出て動くことだけじゃないよ!)。常に何か書いている、みたいな状態が理想だ。

この記事をもって、私の#100blogs開幕宣言としよう。最後の1ヶ月くらい頑張れ(笑)

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の20代★会社員/ブロガー/エレクトーン弾き(歴14年)★エニアグラム5w4(探求型×アーティスト志向)★SF:内省/最上志向/未来志向/慎重さ/目標志向★人生の主導権を取り戻すべく活動中!
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)