始めてしまえばできるのに

やっと手をつけ始めた。

この本。

いつ買ったんだっけ。

やらなきゃ・・・って思いながら、ずっと先延ばしにしていた。

始めるまでのハードルって、ものすごく高い。

もはや棒高跳び。

初めの一歩を踏み出すまでには膨大な時間がかかるのに、始めてしまえばどんどん進む。

もっと早く始めておけば・・・と思いたくなるけれど、たぶんそのときは「時期じゃなかった」のだ。

・・・というよりは、「やってもやらなくてもどちらでもいい」状況のときは、やらないほうを選ぶのだろう。

「やる!」と決めたらやるしかないもの。

「できなかったらどうしよう」

「なれなかったらどうしよう」

そうなってしまったら・・・「費やした時間が無駄になってしまう」。

起こってもいないことに、なぜ確信を求めようとするのか?

自分のことながら、甚だ疑問である(笑)

やっとそういうのが薄れてきている。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。