初めてのノー・ボーディングブリッジ

今日は、半年前に予約した高知旅行当日。

羽田行きのリムジンバスの中でスマホを開いたら、ANAから一通のメールが。

「搭乗口変更のお知らせ:〈新しい搭乗口〉506」

506・・・?

羽田の搭乗口番号で3ケタなんて聞いたことないけど・・・

ここでちょっと不安になる。

空港到着後、すぐに保安検査場へ。

荷物を受け取り、搭乗口案内図を見に行く。

やっぱり50番とか60番台ばかり。

でも、よーく見たらあった!左下のほう!!(写真を撮り忘れるという・・・)

しかしなぜだ!?バスラウンジなんだが!!ここから乗るの!?本気!!?

行ってみたら、当然だけど飛行機なんて見当たらない(笑)

そして気づく。「バスで飛行機まで移動します」ってことだったのだ!!!

こんなこと今まで一度もなかったので、そもそも空港内をバス移動するという発想すらなかった。

バスに乗ったら乗ったで、着かない!どこまでも走り続ける!!

結構な距離走ってるな(5分くらい?)・・・まさかこのまま飛ぶ気じゃないよな・・・

そんなことを考えているうちに、やっと飛行機の前に到着。ちゃんと飛行機あった、よかった(笑)

場所は・・・よく分からない。ほとんど何もなかったので、羽田空港の果てのほうだ、たぶん。

タラップを使って搭乗するスタイルだった。

(写真を撮っている場合ではなかった・・・悔しい)

これも初めてだ。

なんだか今日は朝から予想外の展開が続いて面白い。

この大陸(あえてこう表現したい)が四国!!日本って広いなあ・・・改めて。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)