TLI第2講を受講して ~ ビリーフと 光と影と

7/21~22の2日間で、TLIベーシック第2講を受けてきた。

今回のメインは「ビリーフ(自分定義)」「シャドウの投影」について。

公開セッションでは、自分のコア・ビリーフに辿り着くことができた。

今回もまた一歩前に進んだのではないだろうか。

自己否定の根源「コア・ビリーフ」

人は、無意識のうちに自分を定義づけて生きている。その自己定義を「コア・ビリーフ」という。

私のコア・ビリーフは「そのままの私は魅力がなく、愛されない」というもの。

薄々感じていたものはあったけれど、公開セッションを受けたことで、それらを初めて明文化することができた(記事はこちら)。

これは大きな収穫だ。

シャドウの投影

私たちはよく「一方が良いと、もう一方は悪い」という考え方をする。

思いやりのある自分は「良く」て、そうでない自分は「悪い」。

頑張る自分は「良い」けれど、なまける自分は「ダメ」。

しかも、「悪い自分」「ダメな自分」を、無意識のうちに抑えつけているのだ。

そんな自分になってはいけない。だから、ダメなところをなくすために頑張らなくては。

しかし、抑えつけられた自分だって黙っちゃいない。

無意識のうちに、「ないことにされた自分(=シャドウ)」を、他人に投影してしまうのだ。

自分にないことにしたものを、他人にあることにする。

「意地悪しちゃいけない」と思っていると、意地悪する人が目の前に現れる。

「怒っちゃいけない」と思っていると、怒る人が現れる。

つまり、「あんな人嫌い=こんな自分嫌い」ということなのだ。

こんなこと、誰も教えてくれない。

人間関係で苦しんでいるときは、投影されたシャドウを見て、それに対して感情が動かされているのだ。

この仕組みに気づけば、周りの人との関わりは、きっと、もっと楽になる。

ゴールデンシャドウ

さらに衝撃的だったのは、人間は「素敵な自分も抑圧してしまう」ということ。

ないことにされた素敵な自分(ゴールデンシャドウ)が、「憧れの人」として目の前に現れる。

つまり、その人に対して憧れている部分を、実は自分も持っているということなのだ。

講義の中で、憧れの人を何人か挙げ、その人の憧れポイントを「自分のこと」としてみんなに話すワークをした。

「私は個性的で、唯一無二の存在です」

うーーーーー、なんだかザワザワする。

芸能人でも身近な人でも、人と被らない、独特の感性を持った人に惹かれることが多い。

ということは・・・私もその要素を持っているってこと!?

そうだよ!という自分と、そんなはずはない!という自分がいるようで、なんだかフワフワした、変な感じがする。

まとめ

「自己定義」がいい意味で揺らぎ、それに抵抗しようとするもう一人の自分の存在も感じる。

第1講よりも、もっと深いところまで入り込めたような気がする。

第3講までは2ヶ月空くので、その間にまた心境の変化もあるだろう。

これからの自分に期待。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)