断捨離の二日間

今の家はとても気に入っていて、綺麗に使いたいのでこまめに掃除をしている。

先月、やっと引っ越しの段ボールをすべて開けて片付けたら(一年越し)、部屋のいろいろなところが気になりはじめてしまったので、昨日今日で不用品を一気に処分した。

生活する上で住む場所は重要だけれど、それでも100%の部屋はないと思っている。

今の部屋を内見したとき、気になった点は「部屋が真四角ではないこと」と「収納が小さいこと」。

悩んだけれど、気に入った部分のほうが多かったので、契約することに決めたのだった。

部屋の形は、一年住んでみたらすっかり慣れてしまった(真四角のほうが絶対いいとは思うけれど)。

ただ、収納が少ないことはずっと引っかかっていた。

あらゆるものがしまいきれず、クローゼットや棚の外に出さなければならないので、部屋がなんとなく散らかり、ごちゃごちゃして見える。

引っ越しの段ボールが片付いたことで、ついに耐えられなくなったのだ。

何かルールがあったほうがいいと思い、「一年以上使っていないものは捨てる」と決めた。

気に入って買ったのにずっと着ていなかった服や、なんとなくとっておいた大学時代の教科書なども。

どこかで「捨てることは悪いこと」だと思っているようで、変な罪悪感のようなものを感じながら作業した。

ものを大事にしなさいと言われて育ったし、いろんな人から「もの持ちがいい」と言われたりもする。

しかし「大事にする=ずっととっておく」ではないのだ。

使わないなら持っている意味はない。そのぶんのスペースをあけてあげたほうが、家にとっても幸せだろう。

ゴミを出してきて、改めて部屋を見渡すと、ほとんどのものが備え付けの収納に収まった。

すごくスッキリしてしまった・・・

「収納が少ない」というのは、ただの幻想だったようだ。普段使うものは意外と少ないのかもしれない。

もう余計なものはいらない。本当に気に入ったものだけを使って生活していきたい。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)