楽器もまずは「質より量より練習頻度」でいいのでは?

自分が習っているエレクトーンはもちろん、楽器の上達には多くの時間が必要だと思っている。

しかし、平日は仕事もあるので、使える時間にはどうしても限りがあるのが現状だ。

実は最近ほとんど練習していなかった。

時間が足りないとかそういう理由ではなく「30分しか時間が取れないならやらない」という選択をしていたのだ。

トータルでたくさん時間が必要なことほど、「細かい時間を積み重ねる」というよりは、「毎回たくさんの時間を取って練習しなければいけない」と思っている節がある。

楽器に限らず、勉強など他のことにも当てはまる。

15分や30分という時間を軽く見ているのだ。

さすがにこのままではまずいと思い(朝から電車の中で「どうしよう・・・」ってずっと考えていた)、今日はお風呂に入る前に30分だけ弾いてみた。

結論から言うと、30分は意外と長い。

時間が取れないなら、濃密な30分を毎日積み重ねればいいだけのことだ。

まったく練習しないよりはずっといい。

よく考えたら普段のレッスンだって1回30分だ。

練習したり、しなかったり・・・だと、せっかくできるようになってきてもリセットされてしまう。

あれ、ブログと一緒じゃないか・・・笑。

一日30分でもいいから、毎日続けて、だんだん時間を増やしていけばいい(自然と増えてくるかな?)。

習慣が乱れすぎているので、もはやリハビリである。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)