エレクトーンを始めて15年目(ブランクを除く) 今になって基礎の大切さを知る

グレードを受けると決めて、対策を始めたのはいいのだが・・・

長く続けているわりには基礎が分かっていないことが発覚し、愕然としている(そして先生を愕然とさせる)。

エレクトーンの基礎というよりは、音楽の基礎が。

コードとか、スケールとか、カデンツとか。ちゃんと勉強したことがないのだ。

CDEF・・・はなんとか分かるけれど、「m」とか「7」とか、いろいろ付けられてしまうともうお手上げ。

今までは知らなくてもなんとかなった。

楽譜通りに弾けばいいものだと思っていたし。

ちょっとだけ編曲もしたことがあるけれど、クラシックだったからなのか、必要なかったんだよなあ(笑)

ただ、グレードを取るなら勉強しなくてはならない。

一通り知らないと初見&即興ができないのだ。

コードが分からないから、楽譜を30秒見て「はい、どうぞ」って言われても弾けない。

なんとなくこうかな?というレベルでは難しい。

最初から壁にぶち当たっていて、大丈夫か!?という感じだけれど、最近行き詰まっている感じはあったので、基礎からもう一度やり直すチャンスだ!と前向きに捉えている。

知らないだけなんだから、これから覚えて弾けるようになればいいだけ。

レッスンとはまた別に、個人的にやってみたい練習もあるけれど、段階を踏まないと挫折しそうなので、毎日コツコツ進めていくことにした。

まずはコードを見て和音がパッと弾けるようになりたい。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)