気になったら一度試してみる

仕事終わりに六本木の映画館へ。

映画なんて年に1~2回しか見ないので(今日が今年最後かもしれない)、せっかくだから・・・と、プレミアボックスシートという席を取ってみた。

一般料金1,800円に+1,000円かかる。

さらに、特別な音響システムの劇場だったので+200円。

ということは、平日なら3,000円だ(今回は割引がきいたので2,300円だった)。

昔の私なら「映画に3,000円も払うなんてバカバカしい」なんて言っていただろう。

しかし、今はそれを疑問に思う。「本当にそうなのか?」と。

体験したこともないのに、真っ向から否定するのもちょっと、ねえ・・・と。

一回くらい試してみて、「ここまでは必要ないな」と思ったら、次回から普通の席にすればいいだけの話だ。

こういう席があるということは、何らかの価値を感じる人がいるということなのだ、きっと・・・

座ってみた感覚は、なかなか良かったと思う。

シートが特別すごいとは感じなかったけれど、横も足元も広いし、何より隣の席の人が視界に入らないのがいい。

ミュージカル映画をノリノリで楽しんでも大丈夫だ(笑)

「一回だけ試してみよう!」の精神を大事にしていこう。

少しずつ、コンフォートゾーンの外へ。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)