「仕事」と「それ以外」の境界を曖昧にしていく

年が変わってから、今のところ「日曜の終わりがイヤだー!」という感覚がほとんどない。

意識して「平日と休日でやることを変えていない」からだと思う。

時間配分は変わってくるけれど、平日でも休日でも、同じことはできるのだ。

(気づくのに時間がかかった・・・)

好きなことをするのはもちろん、生活リズムも崩さない。

起きる時間も寝る時間も、活動時間もほぼ同じ。

その結果、平日と休日の境目が、だんだん曖昧になってきている。

だから、週末も憂鬱にならない。

休日だからなんなんだ!今日も明日も平常運転だ!っていうのが本当に大事。

「いつも好きなことができている」という感覚も、充実感に繋がっている。

また、私の好きなことは、成果が出るまでにすごく時間のかかることばかりなので、目の前だけを見ていると辛くなってしまう。

「今できていない」という事実ではなく、「できるようになる過程を楽しむ」方向に切り替えたのも大きい。

以前よりも楽しめるようになった、ような気がしている。

どうせなら、7日間毎日楽しいほうがいい。

なんだか幸せだ。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)