初詣で「お願い」しなくなった

初詣は、いつも乃木神社に行くことにしている。

地元ではないけれど、3年くらい前に初めて行ったとき、何かピンとくるものがあり、それ以来お気に入りスポットになっている場所。

初詣でなく、2か月に一度くらいは行っている。

自分の中での初詣の認識は、ここ数年でだいぶ変わったと思う。

数年前までは、「初詣=お願いする場」という認識だったので、とにかく要求しかしていなかった。

「〇〇ができるようになりたいです!」「どうか叶えてください!」という調子だ。

それが、数年前から「感謝する場」「宣言する場」という認識に変わってきた。

ここ2~3年で付き合う人が変わってきたことが大きいと思う。

いろんな人から教えていただいて、「実はそんな意味があったのか!」と、今まで信じていたものが、いい意味で覆されていったのだった。

今日も、詳しくは書かないけれど、「頑張るので見ていてくださいね!!!」という感じで伝えてきた。

今年は毎月報告に行ってみようか。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)