人生初の初日の出を見た

今まで「初日の出」というものを見たことがなかった。

「いつか必ず・・・」と思い続けていたのだが、その「いつか」がいつになるのかは、自分でもはっきりと分からなかった。

明確でない目標は、叶うかどうかも明確ではない。

今日を逃したら、あと一年は待たなければならないし、下手すると「いつか」は一生来ないかもしれない。

新年最初の朝から、自分の願望をちゃんと叶えてあげよう。

そう決めて、今朝は外に出たのだった。

何事も最初が肝心だ。

6:45ごろ。皇居の半蔵門から少し離れたあたりで待つ。

ここから、本当に空がオレンジ色に染まってくるのだ。

灰色っぽい空に、オレンジ色がどんどん溶け込んでくる。

まぶしい。そしてあったかい。

「寒い」「眠い」なんて言っている場合じゃない。

これは絶対に見る価値がある。

ものすごく寒いけれど、人も少ないし、朝が早いと時間がたっぷりあるので、なんだか得した気分だ。

新年から早起き。なんという贅沢。

素晴らしい2018年の幕開けとなった。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)