発信する前に一旦止まって考えること

昨日の某メルマガの内容。いつもなら読まずに流してしまうのだが、頭の隅に置いておいたほうがいいと思ったので、忘れないように書いておく。

・宗教や思想
・宝や財産
・家族
・政治、経済、仕事
・良し悪し

人と話すときに上記について触れる場合は、発言する前に本当に言うべきかを考えましょう、という内容だった。

ああ、確かにそうだな・・・と思ったのでメモを取った。

これは、会話だけでなく、自分から発信するものすべてに言えると思う。

思想や財産などは積極的に話題にしないほうがいい、というのは想像がつくのだが(新卒のころにもしつこく言われたし)、この「良し悪し」というのが意外にポイントだなあ、と感じた。

というのも、昨日、あることの「良し悪し」について、非常にザワザワする出来事があったからだ。

特に「嫌い」を口に出すのは気をつけたほうがいいな。

周りにそれを好きな人だっているかもしれないから(私だ)。

わざわざ「私は好きです」とか「そんなことないよ」とは言わなかったけれど、結構ショックだよ!?って思っていた。

思っても言わない人、意外といるんじゃないかな。

いちばんいいのは迷ったら言わない(書かない)ことなんだって。

知らない間に人を傷つけるのは怖いしイヤなので、これからも気を付けよう。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。