対外予定のバランスを意識し始めた

平日の夜に予定を入れるのは、なるべく一週間のうち1日だけにしている。

最初から会社の予定(会議など)が入っている週は、もう何も入れない。

よっぽど会いたい人がいるとか、この集まりには参加しておかないと絶対後悔する!と思うものなら話は別だ。

それでも、2日連続で帰りが遅くなるようなスケジュールは組まない。

意識し始めたのはつい最近のこと。

「自分の時間」も立派な「予定」であると気づいたからだ。

昔から、日程調整のために予定を聞かれると「いつでも大丈夫です!」と答えていた。

ずっと断っていて、そのうち誘われなくなるのがイヤだったし、大した予定もないのに「忙しい」なんて言ってはいけない、と思っていたから。

しかし、もうみんな大人だ。私だって大人だ。

お互いに事情があるのは分かるし、1回断った(断られた)くらいじゃ、関係にひびが入るようなこともない。

「人との時間」「自分だけの時間」を、自分にとって心地よいバランスで取り入れていきたい。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。