昼休みの15分間読書も意外とよさそう

「電車で読書」がはかどることに気づいてから、きっと何週間も経っていないと思う。

それなのに、朝に乗る電車を少し早めたせいなのか、今まで以上に混んでいて、車内で本を開くことができないという事態。

これは困った。帰りの電車まで取っておいてもいいけれど、疲れて頭がまったく働かない日だってあるから、結局読まずに終わる可能性が高い。

他に時間を取れるとしたら、会社の昼休みしかない。

ということで、月曜日のお昼はオフィスの外に出て、食事を終えてから15分間だけ本を読んでみた。

これもなかなかよさそうである。15分という制限があるので、決してたくさんは読めないのだが、時間が決まっていることで集中できるという面もある。

みんなとご飯を食べるときは、さすがに会話に参加するけれど、たまには外で本を読むのもいいかもしれない。

とても充実した時間だった。週1回でもこんな時間をつくっていこう。

本は毎日持ち歩いて、朝の電車でも読めそうなら読む。空いている日があるかもしれないから。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。