「休日のスケジュールの空白」がもたらす影響について

気づいたら朝になっていて、アプリで確認したら21:00過ぎには寝ていたようだった。

昨日の朝は時間がなかったので、夜に書こうと思っていたのに、疲れてしまってそれどころではなかったようだ。

一日でもブログを書かない日ができてしまうと、書く気が失せてしまう。なかなか書く気になれないので、無理矢理にでも書いてみる。

疲れてしまうのは仕方ない。それでもできるだけリズムを崩さないようにしたい。

平日モードと休日モードの差をつけすぎない、というのは大事だ。ペースを落としてもいいけれど、落としすぎないようにしなくては。

平日は緊張感もあるんだろうけれど、時間通りに行動できるのは、やることが決まっているからだと思う。

「何をしよう?」と考える時間が長くなってしまい、活動時間をどんどん減らしてしまう、というのがよくあるパターン。

その日やることを決めなくても、休日にやりたいことをリストで持っておくのがいいかもしれない。予定があればちゃんと動けるのだ。

最近は平日の予定しか決めていなかったので、これはいい機会だと思う。実はやりたいことがたくさんあるのだ、忘れてしまうだけで・・・

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)