移動と読書をセットにする

電車の中では、極力スマホを見ないで本を開くようにしている。

そうはいっても意識し始めてから2~3日。それでも、往復の通勤時間だけで、すでに1冊読み終わってしまった。

読書だけの時間が取れないなら、何かとセットにしてしまうのがいいんだと思う。電車に乗ったら自然と本を読む体勢になる、というのが理想だ。

立っているなら途中で寝ることはないし、ほどよい環境音があったほうが集中できそう。カフェで作業がはかどる、あの法則と同じ。

家に本がたくさんあるわけではないので、このペースだとすぐにバリエーションがなくなってしまうと思う。

新しい本を探す楽しみが増えそう。同じ本を何度も読み返すのもよさそうだ。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)