ELLE cafē(エル カフェ)のカヌレ、自分にかけられる値段

例えば・・・バレンタインシーズン。チョコレートショップを周っては、1個300円近くするチョコレートに驚愕する・・・これが毎年恒例の「イベント」と化している。

食べ物にお金がかかるのは分かる。それでも1個300円って高い。買えない値段ではないけれど、どうしても買う気にはなれない。なんだかもったいない気がしてしまう。

ついに、気になっていた「エル カフェ」のカヌレを買ってみた。

1個260円、税込みだと281円。9個セットだと2,340円もする。バラでも買えるけれど、さすがに1個だけ買う勇気はない。

ということで、4個買って1,124円。バニラ、オレンジ、チャコール(炭)、チョコレートを選んだ。

これ、とっても小さくて、高さは3センチくらいしかない。

米粉を使ったグルテンフリーとのこと(実はグルテンフリーに関してはよく分かっていない)。

高いものって、それだけの理由があるんだよな。このカヌレだと、グルテンフリーだからなのか、ブランドなのか、それなりの手間やら何やらがかかっているのは確か。

カヌレなんて正直コンビニでも買える。でも、敢えてここのカヌレを買ったのは、味を知りたかったから。あとは、自分にかけられる金額の幅を広げてみたかったから。

「もったいない=私なんかにこんないいものはもったいない」ということなんだ、きっと。この昔からの常識を少しずつ打ち破っていきたい。

いつも高いものを食べるわけにはいかないので、たまーに。月1~2回くらいなら大丈夫だろう。

それにしても、本気で行きたいセミナーには10~20万払えるのに、1個200~300円のお菓子を買うのにためらうなんて、不思議なものだ。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)