自分との約束=重要ではない、という思い込み

予定を決めてその通りに動くのが向いている・・・のかもしれない。意外にちゃんとできているから。

スケジュールが決まっていないと、そのときの気分に左右されてしまったり、必要以上に長引いてしまったりして、本当にやりたいことに時間を使えなくなったりする・・・と気づいた。

旅行はノープラン。どこへ行こうか迷って、時間ばかり過ぎてしまって、結局行きたいところへ行けなかったりするけれど、観光というよりは移動がメインなので、それはそれでまあいいか・・・って思う。

ただ日常はそうもいかない。平日は家と職場の往復だけなんてもったいない。

特に終わりの時間を意識するのって大事だ。ただでさえ時間には限りがあるのだから!

今週は月~木まで、すべて夜に予定が入っている。偶然だけど、ちょっと信じられない事態。だからワクワクしている。

たまたま人と会う予定ばかりだけど、それだけじゃなくて、「個人的に何かする」というのも「予定」とみなして、手帳にどんどん入れていこう。

人と会う=「予定」で、そうでないもの=「予定ではない」・・・と思い込んでいる。この思い込みをなくしていくには、「自分との約束」を軽く扱うのをやめることだな。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)