ひとりの時間=豊かな時間である

「ひとり◯◯」というタイトルの雑誌は、ついつい手に取ってしまう。

「京都ひとり旅」「東京ひとりガイド」、最近は「ひとり夜ごはん」を買った。

ラジオが好きなので、情報はラジオから仕入れることが多いのだが、雑誌やネットもチェックしている。

ひとり行動が平気になったのは、大学生のころからだと思う。

高校までは、やはり周りの目があるので、ひとりでいると「友達がいない」と思われるんじゃないか?なんて考えていた。

いつも誰かと一緒にいないといけない、という、一種の強迫観念のようなものがあった。

対して大学生は、みんなそれぞれのスケジュールで動くので、ひとりで食事をする人も多いし、学内でひとりでいても違和感はない。

これがありがたかった・・・

人と一緒にいるのは楽しいけれど、いつも一緒では疲れてしまう。近すぎず遠すぎず、のような距離感が理想だ。

人に会い続けた日は、夜になって「ひとりになりたい」と思う。反対に、ずっとひとりで動く日は、誰かに会えるのが嬉しいと思う。バランス・・・か。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)