立花B塾中級コース、最終講は「お金の話」と「ブログの先にあるもの」について

6月にスタートしたB塾中級コースも、ついに最終講を迎えた。

最終講は「稼ぐ」にフォーカスした講義。でも、ただお金だけを得ようという話ではない。小手先のテクニックなんて教えないのが、この講座の良いところであり、好きなところでもある。

ブロガーとしてのあり方を各方面から突き詰めていくと、最終的には、ブログがどうこう、という問題でもなくなってくるようだ。

人生におけるお金の優先度を下げる

まず、基本的なあり方として、お金持ちになりたければ、人生におけるお金の優先度を下げることが大切とのこと。具体的には以下の2つ。

(1)お金を言い訳にしない

「お金が貯まってからやろう」はNG。いつ貯まるの?それに、いざ貯まったら他のことに使ってしまうかも。

(2)お金を理由に選ばない

「こっちのほうが安いから」というのは、どうでもいいもの(消耗品など)に限る。大切な仕事道具、妥協して選んでいいの?

もちろん、自分の「器量」「度量」を考えなければならない。身の丈に合った範囲で、お金に対する考え方を変えていく必要があるのだ。

お金の価値の話。自分のことを思い出してみる。

2年前に、4か月で17万円のセミナーを受けた。社会人歴も浅くて、決してお金がたくさんあるわけではなかった。申し込む前は、「貯金が減るし、やっぱりやめようかな」と思ったりもした。

それでも、「今を逃したら、もう二度とチャンスは来ないかもしれない!」と、思い切って申し込んだのだった。

参加してみると、払った金額以上に、得たものは多かった。

4か月間、自分の生き方を必死で考えた。不思議なことに、自分の内側に入り込んで必死になっていると、「払った分の元を取ろう」なんて考えないのだ。

金額の話を含め、これを人に話すと「すごいねー!よくやろうと思ったね!!」と言われる。「値段相応の価値は得られるの?」と言われたこともある。

17万円の価値って何なんだろうって考えたけれど、お金そのものに価値なんてなかった。あくまでも価値を手に入れる手段に過ぎなかった。

上には上がいるけれど、一度、自分の中で圧倒的なものを体感してしまうと、「え、これくらい普通だよね?」と思うようになる。

高級外車や六本木のマンションの値段を聞くと、気が遠くなる。しかし、セミナーが数万円、という話にはもう驚くことはない。今回のB塾も、決して安いとは思わなかったけれど、「自分が望むものが手に入るなら、これくらい出してもいいよな」と思って決めた。

金額で何が変わるのか。商品やサービスそのものの価値だけではない。客層が違う。本気で学びたい人だけが集まってくる。良い空間が生まれる。これだけでも、お金を払う価値はあるんじゃないか。

ブログを書き続けた、その先にあるものはなんだろう

後半は、ブログを書き続けた先にあるもの(あえて明言はしない)の話にもなり、聞きながら震えた。

まだまだそのステージには到達していないけれど、本気で目指してもいいんじゃないか、と思った。

ありえない未来だな・・・という感じはする。でも、たちさん曰く「未来は飛んでくる」ものなのだそう。

私を含め、多くの人は、昨日の次が明日、明日の次が明後日・・・というのが当たり前だと思っている(はず)。

しかし、人生は「今日」の連続ではない。「ぶっ飛んだ目標を突然立てて、それに向かって進んでいいんです!」とのこと。(だから今日7記事も書くことになったんだ・・・!)

大切なのは、自分を磨き続けること、投資し続けること。これだけはもうブレない。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の20代★会社員/ブロガー/エレクトーン弾き(歴14年)★エニアグラム5w4(探求型×アーティスト志向)★SF:内省/最上志向/未来志向/慎重さ/目標志向★人生の主導権を取り戻すべく活動中!
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)