そもそも、なぜ勉強しているのか[せかけん1級への道]

世界遺産そのものというよりは、地理や歴史を深く知りたいというのがベースにある。

ただ地図を見ているだけでは、何をどう覚えていいのか分からない。

歴史の本だけ読んでいても、出来事のつながりが掴めなくて眠くなってしまう。

そんな、自分にとっての「不自由」を解決する手段が、世界遺産検定なのだと思う。

1級を取ったら、その上のマイスターの受検資格を得られる。

マイスターを取ったら、講師になれる可能性も出てくる。

でも、目的はそれだけじゃないんだ。

こうしてときどき思い出さないと、なんだか折れそうになってしまうのだ。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)