付箋を使って、夢を視覚化してみた。

最近、なんだか燻っているような感じが抜けなくて、頭の中もずーっとモヤモヤしている。

身の回りのちょっとしたことにペースを乱されてしまい、落ち着かない。

このままじゃまずいなあ・・・と思ったので、一度、考えていることを整理することにした。

毎日がなんとなく過ぎていくのはもったいない。やってみたいことはたくさんあるし、夢を全部ノートに書きだしたこともある。

しかし。ノートだと「どれから手をつけるのか」「いつまでに叶えられるのか」が分かりにくい。だから、一目で分かるように書き出し、いつも見る場所に貼ってみることにした。

以下、脳内整理の流れ。

(1)付箋に書き出す

まず、思いつくままに付箋に書きだす。「夢」だとあまりにも壮大なので、「これからやってみたいこと」として書いてみた。

100個は書こうと思ったけれど、77個止まり・・・今の私が思いつく限界だ。

(2)書き出したものを分類する

書きだしたら、カテゴリーごとに分ける。「仕事」とか「お金」とか、ざっくりした感じで。

ペンで囲むと分かりやすい。

(3)期限を決める

次に、それぞれの期限を決める。「できそうかどうか」ではなく、「これくらいの時期には叶えておきたいな」という希望重視で考える。

「すぐ(お金がたまり次第)」「1年」「3年」「5年」のどれかには当てはめる。いつになるか想像がつかないものは、とりあえず5年にしておく。

(4)並べ替え

期限を決めたら、カテゴリーごとに時系列に並べる。

こうすると、各カテゴリーの「すぐ」できるもの、「1年」「3年」「5年」以内に目指したいものが分かる。

今後どんな未来が待っているのか、イメージが膨らんでくる。縦軸と横軸、両方で見られるので分かりやすい。

やってみた感想

意外とすぐにできそうなものが多いことに驚いた。プライベートでやりたいことの中に特に多い。書きながら、ずっと手を付けられていなかったものを思い出したしたりもした。

反対に、仕事やお金関係は、3年以上かかるものや、期限を決めきれないものが多かった。自分の中に、まだ「できないかもしれない」という感情が眠っているのかもしれない。

定期的に見直し、付け足し、作り直しをしてみようと思う。やりたいことが増えているかも。叶っていることもあるかも。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)