Butterfly Twistsのフラットシューズ、エレクトーン用に買ってみた。

エレクトーン用の靴を年中探している。最近の話ではなく、ずっと昔からだ。

今回、Butterfly Twistsの靴を買ってみた。イギリスのブランドで、折りたためるというのが大きな特徴とのこと。

折りたたまれた状態で入っている。

トウシューズのようなデザイン。色は3色(黒、グレー、ベージュ)あったけれど、靴が目立つのがあまり好きではないので、ベージュを選んだ。

後ろのリボンがかわいい。

小学生のころは、上履きをレッスン用に買って使っていた。中学生になると、さすがに上履きは恥ずかしいので、底の薄いスニーカーで弾くようになった。

発表会では、いつもより華やかな格好をするので、そのたびにステージ用の靴を探しに行く。しかし、ペダルを弾くのに適した靴がない。

お洒落な靴は底が曲がらないし、元々足に合う靴がほとんどないので、「デザインが好みで底が薄ければ何でもいいや!」と、合わなくても無理して履いたりしていた。

発表会では、ずっとみんなの足元を見ていた。どんな靴がいいのかなーって考えながら。

高校入学後もしばらくスニーカーを使っていたけれど、他の子がバレエシューズを使っているのを見て、自分も使い始めてみた。これが当時の私には衝撃で。足にフィットするし、ペダルを掴むような感覚があって弾きやすい。

クラシックを弾くことが多かったので、バレエシューズならドレスにも合うし。最高の靴に出会った!と思っていた。

2年前にレッスンを再開してからも、ずっとバレエシューズを使っているが、これもそろそろ限界かな・・・と思うようになってきた。

底が薄すぎて、ベースの動きが激しくなると足の裏が痛いのだ。

底の厚さは・・・0ミリ?

そして今回、足にフィットして、底が薄すぎず滑りにくい、且つデザインもお洒落な靴・・・やっと見つけた!

中にクッションが入っているので、ベースの早い箇所でも疲れない。

この靴で弾くと、両手のミスタッチが減ったような気がする。いつも間違えていたところ、今日はスムーズに弾けてしまった。余計なことが気になると、意識がそちらにいってしまうのだろうか。

かわいいデザインばかりなので、もう一足あってもいいかな・・・普段使いにも良さそう。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。