法隆寺の登録基準[せかけん1級への道]

法隆寺・・・だけじゃないんだよな。「法隆寺地域の仏教建築物群」っていう。

毎回出てくるけれど、法隆寺は「現存する世界最古の木造建造物」。登録基準には(ⅳ)が入ってくる。あと(ⅰ)(ⅱ)(ⅵ)も。

私としては、遺産そのものよりも、「どんなところが評価されたのか」を覚えるのが難しい。

建築といえば(ⅳ)が入ってくるな、というのは分かる。でも、何が評価されて(ⅳ)が認められたのか?って聞かれると、まだまだパッと答えられないなあ・・・

世界遺産には、登録基準が10個ある。

(ⅰ)人類の創造的資質や人間の才能→創造的資質
(ⅱ)文化の価値観の相互交流→価値観の交流
(ⅲ)文化的伝統や文明の存在に関する証拠→文明の証拠
(ⅳ)建築様式や建築技術、科学技術の発展段階→建築技術
(ⅴ)独自の伝統的集落や、人類と環境の交流→伝統的集落
(ⅵ)人類の歴史上の出来事や伝統、宗教、芸術などと強く結びつく→歴史上の出来事
(ⅶ)自然美や景観美、独特な自然現象を示す→自然美
(ⅷ)地球の歴史の主要段階→地球の歴史
(ⅸ)動植物の進化や発展の過程、独自の生態系→進化の過程
(ⅹ)絶滅危惧種の生息域でもある、生物多様性→絶滅危惧種

太字は、数年前に参加した世界遺産アカデミーの試験対策セミナーで教えてもらった覚え方。こんな風に短いワードなら覚えやすい(実はローマ数字を覚えるほうが大変だった)。

あとは詳細な意味&各遺産における評価ポイントを・・・!

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)