1週間分のプライベートアポを入れてみるチャレンジ。

仕事柄なのか・・・ちゃんとした「アポ」なしで行動するのが苦手になってきている。

特にプライベートに関しては。簡単なように見えるけど、私にとっては意外と難しいみたいだ。

 

例えば、終業後の過ごし方。水曜日に映画を見に行きたいと思っていたのに、いざその時になると「やっぱり来週でもいいか」とあっさり延期してしまう。そして結局、次の水曜日にも行かずに終わる、ということを繰り返している。

人との約束は守らなければ!と思っているくせに、自分との約束はあっさりキャンセルしてしまう。気が乗らないだけならいいんだけど、あまりにも多いから・・・

他にも、元々入っていた予定がキャンセルになって、突然時間ができたとき。その瞬間は「やった!何でもできる!」と思う。

しかし実際は、何をしようか迷ってしまい、何もできずにぐるぐる歩き回っているうちに時だけが過ぎていく。

せっかく時間できたのに!って悔しくなる。それなのに行動が伴わない。なぜこうなるんだろうか。

じっくり考えて行き着いたのは「時間を有益に使いたいから」。きっとこれがいちばん正解に近いんだろう。

時間は有限で、過ぎ去ったら巻き戻すことはできない。せっかく自分のために使えるのなら、少しでも有益なことに使いたい。

そうやって考えるから、動けなくなるのかもしれない。これでは困る。どうしたらいいものか。

 

考えた結果・・・これが正解に近いような気がする。「仕事と同じようにアポを入れればいいのでは?」

確実に空いているところはもちろん、「時間が空いたときにはこれをやる」というのも、思っているだけではなく文字にして残しておく。何もしないなら「何もしない」って書く。

この「文字にする」っていうのが意外と重要な気がする。

真面目なだけなのか、何かに囚われているのか・・・仕事がある日はプライベートを軽視しがちなので、まずは1週間続けて充実度を検証する。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)