ネタ切れの苦しみから脱出する方法。

ネタ(アイディア)は、出し続けないと、切れるどころか消えてなくなる。

ないことよりも、なくなることのほうがショックも大きい。

面白いことでなくてもいいので、ふと思いついたことを一行でも書いておけば、あとでそこから広げることができる。

これで十分機能する。最近気づいたこと。

 

さらに、私の場合は「手書きで残す」というのが大事みたい。

最近は、画用紙のような紙に、太いカラーペンで書いている。

打ち込んだほうが早いけれど、手書きのほうが魂がこもる感じがする。ペンが止まらなくなってしまうこともある。

 

きっかけが消えてなくなってしまうのはもったいない。

そこからとんでもないものが生まれる可能性だってあるのに。

「あるか」「ないか」ではなく「文字化」。これ大事!

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)