戻れないと嘆くのではなく、進むために奮闘したい。

学生時代の仲間に会うと、夢を追いかけていた人も、みんな会社員として働いていたりする。

「なれない」から諦めた、って言う。

見切りをつけるタイミングって、いつなんだろう。

「いい年なのに、夢ばっかり見て」。大人がよく言うことだけど、いい年って何歳まで?

こうしてもっともらしく言われると、つい惑わされてしまう。

 

でも、あくまでもその人の意見で、その人の価値観なわけで。

「いつまでも夢を見ていい」と自分が思っているなら、それでいいじゃないか。

これから「いい年問題」に立ち向かおうとしているんだから。

あのとき夢を追えなかった私は、今から、あのときのみんなのようになろうとしている。

時間を戻すことはできない。だから、今から挑戦するしかない。

夢を追える人と、そうでなかった私の違い。自分軸で考えていたかどうか、だと思う。

あのころの私は、他人の価値観に乗っかっていただけだった。

 

大事なことって、大人にならないと気づかない。

そして、「だれかの常識」と「自分の常識」、その狭間で苦しむのも大人なんだな。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)