毎日が違う一日、というのを自分の中で強調したい。

駅から職場へ向かうのには、いくつかルートがある。

地上に出るか、地下を通るか。

同じ交差点を、左折するか、右折するか。

行きはいつも同じだけど、毎日違うルートを通って帰る。

慣れないように。

 

出勤時間も退勤時間も、基本的には同じ。

仕事内容も、そのときによるけれど、劇的に変わることはない。

だからこそ、「毎日が同じことの繰り返し」になるのを、できるだけ避けたい。

慣れてしまったら、きっと面白くなくなってしまうから。

 

いつも左折しているところ、たまには右折してみたら、脳にもいい刺激があるんじゃないか、なんて(笑)

かかる時間は数分しか変わらないので、大して気にならないし。

考えないで機械的にできたほうがいいことだってある。

それでも、ちょっとした「違和感」を忘れたくないのだ。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)