本番を経験することで見えるもの。

おそらく、8年ぶりのステージでの演奏。

我ながら・・・ひどかったなー(笑)

今までに経験したステージの中でいちばんじゃないか、ってくらい。

練習量が圧倒的に足りていない。

「仕事が忙しい」なんてただの言い訳だ。

どれだけ練習しても足りない、まだ足りない。

アドリブでどうにかなるものでもないから、

やっぱり普段からの練習が大事なんだな。

このまま帰りたくない!と思って、なぜか勢いで六本木の夜景を見に行った。

今日は1800円出してもいいかな、って。

夜景というよりは、六本木が好きなのかもしれない。

52階からの眺め。

自分の目に映る景色と、カメラを通して見る景色があまりにも違う・・・

いい写真撮りたい・・・でも実物には叶わない?

さらっと通りすぎたけど、隣でMARVEL展もやっていて。

ヒーローは「いかに実在しているっぽく見せるか」が大事なんだって。

実は直前で「出ない」という選択肢もあったが、それは選ばなかった。

出演料がもったいないとか、そういうことではなく。

本番で弾いてみて、たとえひどい出来だとしても、

出てみないと分からないことってあるから。

この練習量じゃ全然足りないな、とか、

本番までにどうやって練習プランを組もうかな、とか。

今回に限っては、人に迷惑をかけるものでもないので、

逃げるよりはステージで失敗しちゃったほうがいいや、と思った。

でも、やっぱり納得のいく演奏がしたい。

足りないものはよく分かった。

ここからがスタート、ってことかー!

ご褒美・・・が、意外と重い。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)