覚悟と、量と、繰り返し。

コンクールに向けて練習中。ついに今日、ずっと弾けなかったフレーズをミスなく弾けました。時間かかったなあ・・・

まず、練習量が圧倒的に足りていませんでした。疲れたとか、忙しいとか、いろいろ言い訳してしまって。本気で取り組み始めたのが今月の中旬ごろ、本番の1か月前からという・・・

曲として完成されていない状態だと、練習するのがちょっとしんどいんですよね。でも形になってくると楽しくて、いつまでも弾いていられる(笑)

「あのころ」と違うからこそ

何より、ステージで演奏するのは約8年ぶり。以前は、1年以上前から練習(+編曲)したうえで演奏していたので、このような差し迫った状況は初めてで(自分のせいなのだが)・・・

8年前だって相当苦労していたのに。こんなに時間がない中、完成させることができるのだろうか?

半ば諦めかけていたのですが・・・ふと「こんな調子でいいの?」って。何がきっかけになったのかは忘れてしまいましたが。

絶対にうまくいく保証はない。だからこそ、

・絶対できるようにするんだ、という覚悟
・費やした時間が無駄になったらどうしよう?という考えを捨てること

この2つが不可欠なのではないか、と。そして、

・練習してもできないものはできない→できない
・練習すれば必ずできるようになる→できる(いいところまではいく)

こんな結果をもたらすのではないか、と。

うまくいかない本当の理由は何なのか

できない理由が分かれば、絶対に対処できると思います。これが「向き不向き」や「才能」になってしまうと、もうどうしようもないので・・・努力の方向がおかしくなってしまうのかも。

よーく考えて、うまくいかない理由を突き止める。

私の場合は、うまくできないのは指使いが原因であることが多いです。それなら、いろいろ試して、いちばん弾きやすい指使いで弾けるようにすればいい。これで解決。

以前だったら「私には才能がないのかも・・・」なんて、できる人を羨んだりしていました。問題はそこじゃないのに。

こんな考え方ができるようになったのは、たくさんの人の生き方、考え方に触れるようになったから。もっと外の世界を知ろう。そしてもっと練習しよう。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)