残りが見えるって大事なんだな、と。

スケジュール管理は手帳派。ほとんどの予定はマンスリーページに書いています。

半年前くらいから、終わった日付に×をつけるようになりました。おそらく誰かがやっていたからなのですが、意外と効果があるのではないかな、と思っています。

時間は有限であると感じられる

×をつけるということは、今日一日が「終わった」ということ。×が増えてくると、当然ですが、カレンダーの空白部分が減ってきます。時間には限りがある、というのを目で見て感じることができるので、一日一日を大切に過ごそう、と思えます。

前に進んでいる実感が湧く

×をつけた次の日は、まだキレイな状態。ここが最新。また新しい日がやってくるんだ、という感覚があります。

まとめ

手帳はキレイに使うものだとは思っていません。多少雑に書いても、そのときの感情が影響していたんだな・・・なんて、あとからと思えますし。こういうのもいい記録。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)