「和」の味に、心を奪われかけている。船橋屋(亀戸)であんみつを堪能。

幼い私にとって、洋菓子はとにかく魅力的でした。中でもケーキは別格でしたね。色とりどりのフルーツが乗っていたり、つやつやのチョコレートでコーティングされていたり。まるで宝石のようでした。誕生日など、特別な日に食べるものというイメージがありましたが、大人になってからは少しだけ身近になったような気がします。「頑張ったからご褒美に・・・」なんて、つい理由をつけて買ってしまうから(笑)

そんなケーキの地位を脅かす存在が現れました・・・あんみつです。

先週の日曜日に行ったおでん屋さんで、「久しぶりにあんこの味が欲しいなあ・・・」と何気なく注文してから、突然のブーム到来。かなりの強敵と思われます。今日も食べに行ってきました。

あんみつ 船橋屋

お邪魔したのは、船橋屋 亀戸天神前本店。総武線亀戸駅から徒歩10分くらいで着きます。周辺にはマンションが立ち並ぶ中、突然和風な建物が出現。非常に分かりやすいです。暖簾もいいですね。

あんみつ 船橋屋

入り口右手には小さな池があり、鯉が泳いでいます。

注文してから席に着くスタイルです。船橋屋はくず餅も有名なようで、一瞬悩みましたが、やはりここはあんみつで。「白玉クリームあんみつ」900円。「白玉あんみつ」や「クリームあんみつ」もありましたが、両方乗っているのは強いですね。私が欲張りなだけでしょうか・・・

あんみつ 船橋屋

中心に乗ったあんこがキラキラ。大粒のみかんも眩しい。くず餅も入っています。これは嬉しい。

個人的にはバニラアイスのアクセントが絶妙でした。あんこと黒蜜だけだとだいぶ甘いのですが、バニラアイスを挟むことによってうまく調和がとれている感じがしました。アイスというよりはジェラートに近いかな?とってもなめらかな舌触りでした。

チョコレートや生クリームの甘さもいいですが、より素材の味を感じられそうで、和スイーツにも興味が湧いてきました。おいしいあんみつ探訪、これからも続けていきます!

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)